人生とゲームの共通点~高ければ高い壁の方が登った時気持ちいい~

人生もゲームもあまり大きく変わらないことがあります。 それは、いきなりレベル99から始まっても、またはラストステージから始まっても、敵が最後までスライムやクリボーでも、ラスボスへのダンジョンが障害無しモンスター無しの一本道でも、それは全てつまらないということ。 そこに困難があって、その障害を乗り越えて、クリアするという、その達成感が人々を惹きつけている、刺激的にさせているということ。 この点において人生もゲームも変わらない。だからゲームは人をのめり込ませるのだろう....

Read More »

節約したい人が心がけるべき5つのこと

直近このようなニュースが出ていました。 30代・40代女性、80%が節約に興味あり…ニッセン調査 これを見てビックリしました。なんと、 現在の貯金額は0~100万円が半数以上 だというのです。20代ではなく、30代・40代ですよ。もしかしたら旦那さんが持っているという人もいるのかもしれませんが、それだけではないでしょう。 このペースでいくと、明らかに老後に、年金だけでは補いきれない人が大量に発生することになると思うのです。高齢化する社会において年金額は減少する一方ですからね。 幼い頃、自分はそれなりに貧しい家庭に育ちました...

Read More »

1円玉を100円で売るための3つの仕掛け+おまけ

先日ある所で、自分自身の過去の営業記録などを知っている方に面白い質問をされました。 「1円玉を100円で売るにはどのように説得するんですか?」と。 これは最高の質問ですね。この手の相談は大好きですw。 訳あってプロフィールページを一時的に削除してますので、自分自身の営業のキャリアだけ簡単に紹介しておくと、新卒で金融機関に入社し東京23区の某営業店に配属され、顧客ゼロからスタートして毎日、法人や個人富裕層へ飛び込み営業を行っていました。何度も壁にぶつかりましたが、死ぬほどやったお陰で同世代のトップセールスになり続けることができました。 さあ、では簡単に自分自身の営業経験をシェアした所で、本題に戻ります。 この手の話を聞いて思い出したのが有名になった2冊の本のタイトルです。 『エスキモーに氷を売る』 『100円のコーラを1000円で売る方法』 営業マン時代に自分もこれらの本のタイトルに誘惑され本屋で手に取って読んだことを鮮明に覚えてます。 ただ、読んだ多くの人が面白かったが、本のタイトルに答えていないという反応でしたよねw? どちらかというと営業そのもののテクニックというよりマーケティングに近いブランディング系の話だったと記憶してます。 今回は、自分なりに営業という視点から思いついた3つの仕掛け方について簡単に書いてみたいと思います。

Read More »

英語学習におけるたった一つの後悔:インプットよりもアウトプットから始めるべきだった

これまでに何度か語学学習関連の記事を書いてきた。 今回は、3000時間くらい投資した英語力習得の過程において、自分自身の後悔というか、反省点を踏まえて、もっと早くからアウトプットを始めていれば、もっと効率的に英語力を身に付けることが出来ただろうということについて、その理由を書くことにする。 ※実は今も全然英語ダメですでは説得力がないので、確認だが、これを書いている本人は、現在は海外で英語でビジネスモデルをピッチして、ファイナリストに選ばれたことがあるし、シンガポールのビジネススクールも卒業しているし、海外でビジネスをする上で支障がないくらいのレベルにはなっている。 過去に書いた語学関連の記事はこちら。 1 人生初の海外進出までの軌跡~取られたら取り返せばいい~ 2 自己投資と語学試験(TOEICやTOEFL)無くして英語学習は成らず 自分は、タイトルの通り、もっと早くアウトプット力強化に手をつければよかったと反省している。 逆に言えば、英語学習において、(大学時代など、もっと早くからやっておけば良かったという根本的な点を除いて)反省しているのはこれだけだ。 それくらい、これは英語学習にとって重要な点なのだと信じて疑わない....

Read More »

ネットバブルが今年弾けるかもしれない理由を3つの観点から説明してみた

前々からネットバブルの兆候には警鐘を鳴らしてきた。 参考:『2012年ネットバブル2崩壊~その仕組みと注意点~』 そこで以下のように述べた。 Facebookの上場がネットバブルのピークになる可能性が高い そう、それは既に今月の話だ。 前回は構造的な資金循環と人々の熱狂という観点からネットバブルの仕組みを紹介した。 そこでも、ネットバブルが6年周期で起こっており、今後もその周期で起こる可能性が高いという話も紹介した。 さて、今回は3つの観点からネットバブルが弾けるかもしれない理由を説明してみたいと思う...

Read More »

夢への道のりは螺旋階段

2006年の夏、当時新入社員だった自分は、社会の壁にぶつかって落ち込んでる友人が多かったので、こんなブログ記事を書いた。 参考『『何度でも…』to 若手社会人の方々へ』 あれから、約6年、もうちょっと深堀りして書いてみようと思う。 【夢への道のりは螺旋階段】 ほとんどの人が、日々、夢や目標に対して向かっている中で、同じ場所をぐるぐる周っていて全く前に進んでいないのではと感じたことがあるはずだ。 その際、進んでない(と思う)もどかしさから、落ち込んだり、モチベーションを落としたりする....

Read More »