Home » 欧米遠征の軌跡 » 欧米訪問その9 【ワシントンDC】

欧米訪問その9 【ワシントンDC】

【ワシントンDC】

街並みがきれい過ぎるし、観光スポットが圧倒的にある。歴史あるものが多く、非常に歴史を感じた。

しかも、3月の末でまさに桜シーズン。

日本に帰らなかった分、アメリカで見れたのは超サプライズだった。これは日本が友好の証として過去にアメリカにプレゼントしたものだ。

P1010611_convert_20110918133216.jpg

(有名なワシントンモニュメントと桜)

それと気付いたのが、アメリカの旗の数があちこちに本当に多い、これは他の都市を訪問した時とは比にならない。

アイデンティティーを植えつけるというか、創りだすとうか、大きな要因のひとつになってるのだろう。

 

日本は、国旗掲揚や君が代斉唱が論議されてしまう日本では、このようなアイデンティティー創出の場が少ないのは残念なのかもしれない。

しかし、今回の大震災はマイナスのことばかりでなく、結果として日本人のアイデンティーを生み出したように思う。日本が失いかけていた「キズナ」を取り戻したのではないか。

海外でもシンガポールでお世話になっている和僑会のように、海外の日本人が「キズナ」を持って、結束し始めた。

日本もアメリカのようにアイデンティティーの強い国になれるかもしれないと感じた。

 

一方で、治安は、あんまり遅いと人通りも車も少ないので悪そうだ。街のあちらこちらにホームレスがいて、NYCやシカゴ・ボストンとは比にならないほどいる。明らかに多すぎた気がするし、ポリスも多い。凶悪犯罪も多い都市で有名らしいが、これは聞いたところ、ワシントンDCには富裕層が多いからという逆説的な結果でもあるらしい。

 

とても偶然なのだが、ホワイトハウスの前でオバマ大統領が乗ったリムジンを見た。

何というか、言葉に出来ない感覚がそこにあった。

必ず圧倒的な結果を出して、将来このホワイトハウスに招かれると心に誓った。

P1010551_convert_20110918142725.jpg

(どちらかがオバマ大統領が乗っているリムジン、辺りは数百人規模の厳重過ぎる警備)

 

 

【Alliance BernsteinのワシントンDCオフィスのNYC本社を訪問】

・アライアンスバーンスタインの本社と支店を訪問

・MTGしたのは、バーンスタイングローバルウェルスマネジメント1人ずつ。両方とも元HBS(ハーバードビジネススクール)出身のウェルスマネージャーの方々とのMTG

・以下がMTGのポイント

・バーンスタイングローバルウェルスマネジメントはアメリカ国内に18拠点とロンドンにも拠点がある。

・顧客の基準が日本円のイメージで5000万円以上とプライベートバンクの他社よりも少し基準が低い。

・彼らのHBSでの知識はリーダーシップやケーススタディなどを中心に、見込み顧客の経営者などとの会話で非常に生きている。またHBSのネットワークは富裕層開拓などに非常に役立っているとのこと。HBSは、フルタイムのMBAもエグゼクティブMBAもどちらの卒業生リストにアクセスすることが可能であり、特に後者のMBAは授業料が期間に対して圧倒的に高く、富裕層や富裕層のファミリーが多く参加していることで有名。またハーバード大学自体のコミュニティーもアメリカ各国にあり、非常に開拓や紹介先の宝庫である。ちなみにアメリカ特有であるが軍隊のネットワークなども各地にある。

・飛び込み外交はもちろんのこと、新規への電話外交すらしない。基本的に新規開拓は紹介からのみ。そのため初接触から取引開始までの回数は1回か2回程度。

・タックスアプローチが印象的だった。それを試算するためのコンピュータープログラムが充実している。長期・短期ゴールを一緒に設定していく。繰り返し述べていたのが、「タックスの効率化」「アセットアロケーション」「リバランス」「リスクマネジメント」など。 ・トラストや相続関連の弁護士・会計士などのアナリストまで用意し、最適の提案を検討している。

・ほとんどの競合他社がオープンアーキテクチャーを目指す中で、クローズドアーキテクチャーを一貫して進めている。商品で勝負というより、全体的なプランニングとしての対価としてのバーンスタインの利用。 ・WMチームとして弁護士・会計士が常駐している。彼らは税金対策などのリサーチもしている。

・毎週15回以上のMTG件数を確保することがノルマで、この相手は顧客はもちろん、潜在顧客や潜在紹介先の会計士や弁護士などでもOK。

・あまり自由に動き辛いが、アメリカでは政治家のパーティーなども多く、地元の有力者が参加していたりすることが多く、ネットワークにはとても効果的な場所である。

・営業担当1人当たりの平均AUMは300億円くらいで平均顧客数は100人くらい。

以上。予断だが、ホワイトハウスに近いだけあり、空港の警備が異常に厳しかった。過去最高の検査だったと感じた。