Home » 欧米遠征の軌跡 » 欧米訪問その5 【イタリア・フィレンチェ】

欧米訪問その5 【イタリア・フィレンチェ】

【イタリア・フィレンチェ】

週末を利用して日帰りフィレンチェ作戦を強行。

友人の紹介で現地在住の、とってもいい先輩に街を案内させて頂きました。

Eさん本当にお世話になりました。

フィレンチェ2


【全体の気付き・雑感など】

・ミラノやローマ以外は賃金体系もかなり低い、もちろんその分物価も安いが。

・山の上にある家の多くが富裕層の家である。

・非常に歴史を感じた、この地でルネサンスという大きな文化が発生したわけだ。

・ブランドが安い理由が分かった。輸送代も関税もないし、そりゃそうだよな。しかもその中のOutletなら一層安いに決まってるわな。 

 

・イタリアの問題点は、ルーマニア人とかアフリカからの移民。事件起こしたり治安を悪くしてる。 そして、南北問題のように、南が貧しく、差別意識はあるそう。 また、イタリアのキリスト教はカトリックが主流だけど、今の若者は敬虔でなくなってきているし、首相もあまり気にしていない。

 

(所感)

このイタリアのこの話もそうだが、新しい世代は日本と中国・韓国の関係性も含めて、過去の歴史や文化やそのようなものに段々と関心が薄くなってきている。

今までのことを常識だと思うことが非常識になってきている。

もちろん、これはいい意味でもある、過去そのようなものに邪魔されてできなかった何か新しいことが起こる可能性があることを意味している。

一方で、経済全体の成長は難しいだろうと感じた。

というのも、8割のイタリア人はそれなりの成功とプライベートの充実を望んでる、飛行機乗ったことない人ってのはざらにいるそう。

けど、過去のイタリアが世界でも強かった歴史を見ているのでプライドも高いし、そして楽観的な文化だし。

このような国が成長を遂げるのはギリシャと同じように本当に難しいと思う。

フィレンチェ