Home » 想い・報告 » 史上最年少記録樹立~そして新たなる挑戦『ハーバードMBA』~

史上最年少記録樹立~そして新たなる挑戦『ハーバードMBA』~

photo credit: recompose via photo pin cc

 

年末だし、自分自身のための総括も含めて、久々にアウトプットしてみる。

この一年は本当に本当に加速した瞬間の連続だった。

マジ突き抜けた。

マジ気持ちよかった。

 

【前期~史上最年少記録~】

一時、全国全社員トップ30位という記録を作り、前期の地区のキャンペーンでは地区全社員トップという会社史上最年少記録を作り、役員表彰まで頂き、副社長との食事会にも招待頂く。

 

 

【下期~逆境下の更なる結果~】

100年に一度の金融危機で荒れに荒れたマーケットを尻目に、ピンチこそ最大のチャンスであると伺え、突き進んで行った結果、今度は一時、全国全社員トップ10位入りをすることができた。

もちろんまだ一時の結果なので、トップ10の常連そして不動の全国全社員トップという地位を勝ち取るの所存だが。

世間から営業力の頂点にあると言われるこの会社で全国1万人以上の営業社員の頂点に立つのは実に気持ちよいことだろう。

それは同時に日本での営業の頂点に立ったことにニアリーイコールなはずだから。

 

先日内閣は昨年11月より景気後退入りをしたことを認定した。いざなぎ景気超えの戦後最長の景気拡大期だった。

底が見えるのもエコノミスト平均でも来年いっぱいはかかりそうだ、なおかつ鍋底不況でこれまたやっかい。

それであればこれはまたとないチャンス。

逆境下こそ圧倒的な差が生まれる。

100年に一度のチャンスを楽しんでいきたい。

 

 

【刺激的な出会い~膨張していくネットワーク~】

会社での結果もそうだが、今年は上場企業のトップや知名度の高いベンチャーのトップ達などを中心に、文化人なども含むスペシャルな方々との人脈がムチャクチャ広がった。

その中でも、ジャスダック上場でコスダック日本第二号上場承認のネプロジャパンの社長金井さんは携帯でメールをやり取りするくらいに可愛がって頂いているし、ベストベンチャーに常連の日本唯一のオークション比較サイトを運営する株式会社オークファンの創業者武永さんは頻繁に人脈のマッチングをお互いにさせて頂いている。

結果を出せば出すほど、あちこちから引き合いを頂き、そうすると余計に結果が出て、また引き合いを頂く。

これこそ最高の好循環。

 

 

【決断の年~そして新たなる挑戦~】

今年は有難いことに春前後くらいまでに外資系金融機関5社より引き合いがあり、色々今後の方向性を定める上で重要な年でもあった。

熟考した結果、今回のオファーは辞退した。

ネックは条件交渉の中で留学の機会を得られない可能性が高いと感じたためだ(外資コンサルとは違い日本採用はあくまでも日本ということらしい)。

それから半年後、結果として欧米の金融機関はボロボロになった。

相変わらず引きが強い、移籍していたら仕事なんて言ってるレベルではなかっただろう。

そしてこの過程で明確になった。

自分自身の新たなる挑戦。それは世界最高峰『ハーバード大学MBA』。

世に言う『HBS』だ。

社内の留学候補選抜にも順調に残っているし、夏頃から始めた英語の成果も順調でTOEICにして200点アップした。

9月に日本に上陸したHBSのアドミッションのプレゼンにも出席したし、HBSの卒業生のネットワークも徐々に開拓してきている。

その中でも、この前お会いしたライフネット生命副社長の岩瀬さん(日本人4人目のベイカー・スカラー)は飛び切りすごかった。

雲の上の人とはこのような人のことを言うんだろうなと本気で感じてしまった。

まあ、それでももちろん追い抜いてみせるけど。

大学の勉強もろくにしなかった自分が、世界1の大学院を目指すとはつい1年半くらい前までは思ってもみなかった。

人生は実に面白い。

これだから、挑戦することはやめられない。

ファイナンスや組織行動学などを中心に学び、世界のトップクラスのネットワークの構築を目指す。

南極の氷を目指すには世界中に自分自身のインフラを整備する必要があるし、そのインフラを洗練させるため・使いこなすためのノウハウが必要になる。

“日本”ではなく、“世界”の。

 

 

【無限の可能性~目標でなく実現へ~】

人間は無限の可能性を秘めていると思う。

少なくとも自分自身は何度かその経験をした。

これは99%でなく100%を出し尽くしたことのある人間はみなうなずくはずだ。

そして100%じゃなく120%を出すことができるようになると誰しもが無理だと思う異次元の結果を達成できる。

だから今回の挑戦も必ず成功すると思う。

歴史上の偉人たちはみなそうだ。

歴史に名前を残そう。

南極の氷が溶けるほど世の中を燃え上がらせたい!

出会ってくれた最高の仲間達とともに。

 

本年も大変お世話になりました。

来年も種々御教導の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

よいお年をお過ごしくださいませ。